トップページ > 太田の火まつり

新着だいせん

太田の火まつり

2015年2月9日

 

さて、本格的に小正月行事の季節が近づいてきております。

 

イベント情報やブログ、Facbookでも行事情報を小出しにしていますが、大仙市には非常に多くの小正月行事や冬まつりが存在しています。

本日は毎月花火が上がる街・大仙市の「花火暦」にも掲載されております太田の火まつりを紹介したいと思います!

 

詳細は、イベント情報からご確認ください。

イベント情報「太田の火まつり」

 

太田の火まつりは奥羽山脈のふもと、川口温泉奥羽山荘の西側広場を会場に行われます。

昨年の写真を交えながら紹介していきます。

※昨年は悪天候のため、本来外で行われる行事の一部が室内で行われていますのでご承知置きください

 

DSCN6886

駐車場から会場までの道

 

雪の壁面に掘られた穴にろうそくが灯され幻想的な雰囲気の道を歩いて会場に向かいます。

向かうといっても駐車場からすぐですよ。

 

DSCN6888

火まつりが始まる前の会場

 

準備はほとんど終わっています。この時点ですでにお客さんは結構来ていたのですが、室内(広場の一角にある「ふれあい館」という建物)に居る人が多かったです。

写真に写っている円錐のものが天筆焼きで使用するかまくらです。8mはあろうかという藁で組まれたかまくらのまわりにはどんど焼きと同じように人形などが置かれ一緒に焼かれます。

 

DSCN6931

餅つき

 

さて、場所変わりましてふれあい館の中!

開会式が終わり、餅つきが行われています。

※本来は外で行われます

 

ついた餅は来場者に振舞われます。

いまや、スーパーなどでも簡単に手に入りますし、餅つきの機械もありますが、やはり杵つき餅が一番おいしいです。

お越しの際はぜひご賞味ください。

 

DSCN7008

雪中田植え

 

次に行われるのは、雪面を田んぼに見立てて行われる、雪中田植えです。

豊穣を願い行われる伝統行事です。

農家の女性により行われる、この田植え。

 

若い女性方によって行われており、若い夫婦世代にも確実に農業が継がれいていることを実感する行事でもありました。

 

DSCN7053

東今泉八幡太鼓

 

DSCN7043

太鼓演奏を見る人々

 

次に、これまた伝統的な東今泉八幡太鼓が披露されました。

大勢のギャラリーの中、太鼓が披露されます。

 

DSCN7126

紙風船上げ

 

DSCN7083

夜空に舞う紙風船

 

火まつりもいよいよ大詰め。紙風船上げの様子です。

大小50個もの紙風船が次々に夜空に打ち上げられていく様は非常に幻想的です。

 

DSCN7154

点火されたかまくら

 

DSCN7168

燃え上がるかまくら

 

紙風船の次は冒頭の写真にも写っていたかまくらを燃やす天筆焼きです。

その迫力たるや、まさに圧巻です。

 

これは、ぜひ現地でご覧いただきたいですね。

 

DSCN7194

冬花火

 

そして、フィナーレには花火が打ち上げられます。

まだ、わずかに燃え残るかまくらなどが設置された広場の奥に打ちあがる花火。

 

冬ならではの花火がお楽しみいただけます。

これにて、火まつりは終了となります。

 

見どころの多い祭りですが、特に紙風船から花火までの流れは、まさに火まつりの名にふさわしい迫力があり、かつ幻想的な光景をご覧いただけます。

 

主に、日が暮れてからのイベントですので非常に冷えます。

完全防備でお越しください。また、足元も雪面になっておりますので、長靴をオススメします。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

▼地図はコチラ▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この情報についてのコメントを残す

感想やご意見など何でもOK!お気軽に投稿してください!

※お名前・コメントは公開されます。公開を希望しないお問い合わせに関してはこちらをご利用下さい。

コメントはありません。
情報はこちらからご入力下さい。 *は必須項目です。

コメントを残す

*お名前・ニックネーム
メールアドレス
(公開されません)
URL
*コメント

PAGE TOP