トップページ > 刈和野の大綱引き

刈和野の大綱引き

開催地 刈和野大町通り(大仙市字刈和野190‐1付近)
開催日 2020年2月10日(月)
時間

引き合い開始 午後9時~

アクセス JR刈和野駅より徒歩約10分、秋田自動車道西仙北スマートICより車で約10分
詳細

引き合いに使われる大綱は、長さが雄綱約64m、雌綱約50m、重さが各々約10トンにもなり国内最大級です。古式にのっとり、上町(二日町)、下町(五日町)と町を二分し、厳寒の夜、約6千人が渾身の力で引き合います。室町時代から500年以上の歴史をもっており、上町が勝つと米の値段が上がり、下町が勝つと豊作になると伝えられています。

 
◆スケジュール◆
 13:50~ 大綱太鼓(西仙北小学校)
 14:30~ 祈祷・綱のばし・小綱つけ
 18:30~ 大綱太鼓(西仙北太鼓の会)
 19:10~ 押し合い
 19:40~ 花火打ち上げ
 20:05~ 綱合わせ作業
 21:00~ 引き合い開始
 22:30~ 奉納

ホームページ http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2013110800314/
お問合せ

刈和野大綱引保存会事務局(西仙北中央公民館内)/TEL:0187‐75‐1115

刈和野の大綱引き

 

 

この情報についてのコメントを残す

感想やご意見など何でもOK!お気軽に投稿してください!

※お名前・コメントは公開されます。公開を希望しないお問い合わせに関してはこちらをご利用下さい。

大綱引き応援します! ┃  2019年2月10日 23:49

東京から、2019年2月10日の刈和野の大綱引きに初めて参加させていただきました。 最初は、綱引きの神事を見学するだけのつもりでした。でも、会場に向かう道を歩いていくと、道の案内をしてくださったり、手袋を渡してくださる法被を着たお兄さん方にお会いし、彼らの温かさと熱い情熱を感じ、綱引きに参加することにしました。 初めての大綱引きはすごかったです! みんなが真剣で、全力で。みんなの心がひとつになっていました。男性の方々の力強さはもちろん、女性の方々が一丸となって力を合わせる様子にも感動しました。 およそ30分間の綱を引いている間、綱をひくことだけに集中して、いろんな雑念がなくなって、みんなの気持ちが神様と通じて、神聖な場所に居るような気持ちになりました。 私たちは二日町の綱をひいていたのですが、皆で全力は尽くしたものの、あと一歩のところで負けてしまいました。帰り道の途中で、大綱の上で号令をかけておられた二日町の法被を着たお兄さんに「今日は綱引きに参加して良かったです。」とお礼を伝えると、「来年は頑張りますから、また来年も来て下さい。」と仰ってくださいました。また、法被を着た別のお兄さんとは、感謝の握手を交わしました。皆さんの純粋さに感動しました。 勝敗を越えた神様への奉納の儀式なんだと感じました。すごいものを見せていただきました。ありがとうございました。 このような特別な神事に参加させていただけたことに心から感謝申し上げます。そして、この綱引きに関わってくださった皆様に心から「ありがとうございました。」 と伝えたい気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。 これからも、この素晴らしい刈和野の大綱引きが末永く続きますように、お祈りいたします。

情報はこちらからご入力下さい。 *は必須項目です。

コメントを残す

*お名前・ニックネーム
メールアドレス
(公開されません)
URL
*コメント

PAGE TOP