トップページ > 当協会について

当協会について

 大仙市は秋田県南部にあり古くから交通の要衝として発展し、現在では秋田新幹線や秋田自動車道、空路などにより、首都圏から日帰りや一泊が可能な圏内にあります。 東に奥羽山脈、西には出羽丘陵が縦走し、その間を流れる雄物川とその支流である玉川に沿った平野部は、県内有数の米どころとして、雄大な山々とともに四季折々の美しい表情を見せます。


 「(一社)大仙市観光物産協会」は、それぞれの地域の特色を生かした魅力ある観光地づくりを推進するとともに、まちの魅力である自然、景観、文化・歴史などの観光資源活用のほか、観光物産の開発・宣伝を行うなど、観光事業の振興を図り、地域の方々が誇りと愛着を持つことができる活力に満ちた地域社会の実現に寄与することを目的として活動しております。

 

代表理事 挨拶

 この度、令和元年5月31日に開催されました総会・理事会において、一般社団法人大仙市観光物産協会代表理事に選任されました。その職責の重大さを痛感し、身の引き締まる思いであります。
 さて、私ども大仙市観光物産協会の大きな役割の一つが「大仙市」の魅力の情報発信であると思います。観光振興では大仙市は豊かな自然、貴重な歴史文化をおもてなしの心をもってお迎えし、「通り過ぎる街」ではなく観光客の皆様に寄っていただくことを念頭に市民の皆様と一体となって明るく元気で信頼される施策が急務な課題と考えております。
 また、物産振興においては農産物や地域の物産品、そして観光土産等の販売PRに心がけてまいります。
 結びに会員並びに市民の皆様が一体となり、観光・物産両面について大きな役割を果たすことができますよう、特段のご理解とご支援をお願い申し上げます。

PAGE TOP