トップページ > 国宝「線刻千手観音等鏡像」一般公開

新着だいせん

国宝「線刻千手観音等鏡像」一般公開

2014年7月25日

ドンパン節の里・中仙は秋田県内唯一の国宝が存在する町でもあります。

 

線刻千手観音等鏡像

 

国宝「線刻千手観音等鏡像」は中仙の豊川地区にある水神社の御神体として納められています。

ドンパン祭りの翌日、平成26年8月17日(日)には年に一度の御開帳が行われるのです!

 

この鏡像は11世紀末頃の青銅製で直径13.5cm、厚さ6mm、重量525gとなっており、スズのメッキが施されています。

表面には、中央に千手観音菩薩立像、その周囲に観音八部衆、両側に婆蘇仙や功徳天がタガネ跡の毛彫線で描かれています。

 

【線刻千手観音等鏡像 御開帳】

日にち:平成26年8月17日(日)

時間:神事 午後1時~、御開帳 午後2時~3時

場所:大仙市豊川字観音堂「水神社」

 

年に1度の公開です。

貴重な国宝をご覧ください。

 

また、この鏡像のレプリカは常時、大仙市中仙市民会館ドンパルにて公開されております。

開館中は自由に閲覧できますのでぜひ御利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この情報についてのコメントを残す

感想やご意見など何でもOK!お気軽に投稿してください!

※お名前・コメントは公開されます。公開を希望しないお問い合わせに関してはこちらをご利用下さい。

コメントはありません。
情報はこちらからご入力下さい。 *は必須項目です。

コメントを残す

*お名前・ニックネーム
メールアドレス
(公開されません)
URL
*コメント

PAGE TOP