トップページ > 【大曲の花火】会場準備の様子

新着だいせん

【大曲の花火】会場準備の様子

2014年7月23日

大曲では、静かながらも様々なところで花火に向けての準備が着々と進んでいる印象です。

目に見えるところでは雄物川河川敷の桟敷の工事が挙げられます。

 

先日、バナナロードとオレンジロードについての記事を掲載いたしましたが、それぞれのゴール地点の土手に登ると工事の様子が見えます!

 

DSCN1094

DSCN1085

DSCN1087

 

2枚目の写真に写っている青い橋から3枚目の写真に写っている赤い橋までが主な会場となり、そのうちの広範囲に桟敷が造られます。

橋と橋の間の距離は約1.5kmとなっています。

 

大曲の花火では手前に川、後ろに山というロケーションの中で花火が打ち上げられます。

大曲の自然と花火が見事にマッチする非常に美しく迫力ある花火大会です。

 

花火大会までちょうど1ヶ月となりました!

 

花火情報もどんどん更新していきますのでお楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この情報についてのコメントを残す

感想やご意見など何でもOK!お気軽に投稿してください!

※お名前・コメントは公開されます。公開を希望しないお問い合わせに関してはこちらをご利用下さい。

象潟極楽とんぼ ┃  2014年8月21日 18:43

桟敷もお願いしバスで行く予定になってますが会場や駐車場など受け入れ態勢は大丈夫ですか? 花火師さんの準備も前日までに会場設営が出来ないと 中止するしかないと思うが主催者側のコメントがなされてないがどうでしょう。

情報はこちらからご入力下さい。 *は必須項目です。

コメントを残す

*お名前・ニックネーム
メールアドレス
(公開されません)
URL
*コメント

PAGE TOP